今日覚えた

今日覚えた事、知った事をまとめたメモ。

イギリスのEU離脱投票について簡潔にまとめた。

イギリスでEU(ヨーロッパ連合)からの離脱の賛否を問う国民投票が今日(6/23)行われてます。下馬評では残留45%、離脱44%で拮抗してるようですが、残留派の議員が銃弾をブチ込まれて殺されるなど、会場はドチャクソにヒートアップしています。

 

そもそもなんで離脱なんて話が出たん?

離脱派の主な主張としては「移民・難民多すぎ!これ以上移民してくんな」ってことです。嫌なら断れば良さそうなもんだけど、〝EU加盟国には難民受け入れを拒否できない〟というルールがあります。

 

なんでイギリスそんなに移民・難民が多いん?

イギリスは移民・難民に超人気。移民・難民難民界隈のユニバ。なぜならイギリスは社会保障が手厚い。

移民すれば金は貰えるわ、タダで病院に行けるわ、確実に住むとこは貰えるわと至れり尽くせり。イギリスは最高。

 

めっちゃ良いやん!移民・難民もっと助けたれよ!!

上記の社会保障はイギリス人の税金で賄われてるので、移民・難民には良くてもイギリス人としては良くない。しかもそいつらが安い賃金で働きだしたらイギリス人の仕事がなくなる。最悪。

 

移民・難民は最悪!!!!!EU離脱1択じゃね???

EU離脱のデメリットは、端的に言うとイギリスがオワコン化することです。

世界のマーケットは

●アメリカ(ニューヨーク)

●中国(上海)

●イギリス(ロンドン)

この3都市を中心にまわっています。

イギリスに拠点を置けば、EU加盟国27ヶ国でも事業展開ができるので各国の金融機関がイギリスに拠点を置いていますが、EUから離脱すると「イギリスに拠点置く意味なくね?」ってことで金融機関が拠点を移し、結果95万人ぐらい失業者が出るんじゃないかと言われています。

 

両方の意見はわかった。で?日本になんか関係あんの?

離脱した場合、イギリスもEUも景気が悪くなります。

イギリスに進出している日本企業は931社あり、イギリスに投資してる金額が多いのは1位のアメリカの次に日本が多いです。要するに日本もまあまあダメージ受けます。

残留の場合はとりあえず現状維持っぽいので、残留してくれるほうが僕ら日本人としてはありがたいのかな?と思います。

 

日本時間で明日の15時頃には結果発表があるそうなので、おやつでも食べながら結果を見ましょう。あと、例によって間違ってることもあるだろうし詳しくは自分でググれ。何でもかんでも教えてもらえると思うな。僕からは以上です。

 

www.goodbyebluethursday.com